2007年03月04日

女性の科学キャリアに関して:Workshop on Women in Scientific Careers - Noteworthy Topics and Report from Japan -

女性の科学キャリアに関して



小川眞里子
三重大学人文学部


アジアにおける女性科学者・技術者のネットワークに関する本ワークショップを閉じる前に、世界の中でアジアの女性科学者・技術者の位置づけを見ておくことは無駄ではないであろう。本報告は、報告者が2005年11月にパリで開催されたOECDの「科学と女性」に関する会議に出席して得た情報をベースに、日本については筆者の報告内容の一部を示したものである。メWomen in Scientific Careers: Unleashing the Potentialモと題して行われたOECD「科学と女性」の会議では、かなり先進的な議論がされたにもかかわらず、加盟国が韓国と日本だけのため、そうした情報を共有できないでいるのは残念である。

最初に紹介するのは欧州委員会研究総局「科学と女性」セクションからの報告である。政策決定に関与する地位を占める女性を25%に引き上げることを目標とし、性別統計の整備の重要性を強調している。その後の議論は、分野間格差と昇進格差に大別して行われ、日本からは分野間格差、すなわちなぜ理系に女性が少なく、また理系の中でも物理や工学分野に女性が少数であるのかについて報告した。理系に女性が少ない理由としては、日本では初等中等教育の現場に数学や科学の女性教員が少数であること、ロールモデルの乏しさなどが挙げられる。また理系をめざす女性にとって国家資格の取得は大きな動機付けとなっており、薬学や医学に安定した女性志願者が存在する理由となっている。また世界的に女性研究者は工学よりは理学に多いが、日本では理系全体に占める工学の割合が他国に比して非常に大きく、それが理系の女性研究者の少なさを助長することになってもいる。

昇進格差についてはイタリアからの報告で、女性研究者の増加は現状の自然増に任せるだけでは到底実現しないことが明白であることを力説したものである。格差是正については、オランダの取り組みが目覚ましく、さまざまな助成に年齢制限を撤廃していること、女性に的を絞った多彩な助成金制度を特徴としている。

今後の女性研究者の目指すべき方向としては、政策決定に影響を持ちうる地位に女性を押し上げて行くべきことは当然であるが、キャリアパスを広げることも重要である。とくに女性は公共部門で職を得てきている傾向にあるが、今後は民間部門にもっと進出していくことが求められているといえる。男女別の統計をさまざまな指標で蓄積し、監視していくことが重要であり、あわせて科学技術分野のジェンダー研究がさらに進展されることが求められている。

It seems to be useful to recognize the position of Asian women in S&T in the world before closing the Workshop on Women in Science/Technology Network in Asia. This report is based on the information which I gathered when I participated in the 2005 conference of the Organization for Economic Cooperation and Development (OECD), under the theme of メWomen in Scientific Careers: Unleashing the Potential.モ I will introduce some presentations, because, despite the staging of an advanced discussion at the OECD conference, we regrettably do not all share this in common as only Korea and Japan are members of the OECD.
First I will introduce the report by the Women and Science Unit of the European Commission. Their notable aim was to raise the rate of participation of women in decision-making positions to 25%, and they emphasized the importance of publishing sex-disaggregated statistics and their yearly recruitment. Horizontal segregation and vertical segregation will be considered in subsequent sessions.
At the OECD conference, I reported on the two levels of horizontal segregation in Japan, that is, there are more women in the humanities, education, and social sciences, but fewer in S&T; there are also more women in biology, with fewer in physics and engineering.
The rate of woman teachers in math and science in primary and junior schools is very low, and there are few role models for women in S&T. The national licenses are very attractive for women because they enable women to get jobs after intervals of extended leave. For this reason, there are a greater proportion of women in pharmacy and medicine than in science and engineering. The overall dominance of engineering in Japan alienates women more than in other countries.
It has been shown that overcoming vertical segregation is very difficult. However, the under-representation of women compromises the attainment of excellence in scientific work. A knowledge-based society needs diversity of talent. The measures introduced by the Netherlands are marvelous, where there are many grants targeting women and they have no age limits.
It is important to increase female participants at the highest decisionミmaking levels and to broaden their career paths, not only in the public sector but also in the private sector. Finally it is important to accumulate sex-disaggregated statistics according to various indices and to monitor these continuously.

[DOWNLOAD]


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3473858

この記事へのトラックバック